面接で採用を勝ち取ろう 〜面接の種類編〜

こんにちは。長野県の中信地区(松本市 塩尻市 安曇野市近辺)の人材派遣会社 サンスタッフです。

 

面接には大きく分けてグループ面接個人面接の2つがあります。

どんな形態で面接が実施されるのか、事前に調べてみましょう。

事前にどういったことを質問されそうか準備もできますし、当日慌てることも減ります。

では、今回は「面接の種類」についてご紹介します!

d82741449bd958da55666d9f5f5b18ce_s

 

集団面接

複数の応募者を一度に面接します。

大企業など選考人数が多い企業では、複数の応募者を一度に面接することで「ふるい分け」します。

時間や手間を短縮できるため1次選考で集団面接がよく実施されます。

応募者が4~8人程度に対して、企業側は2~3人程度が一般的です。

1人当たりの時間が短いので、基本的な質問が中心になる特徴があります。

 

グループディスカッション

こちらも選考人数が多い企業での1次選考でよく実施されています。

1グループ4~8人程度が一般的です。

企業側から与えられたテーマについて議論しプレゼンして結果を発表します。

話の進め方・態度・役割などもみています。

話す態度だけでなく、聞く態度も見られているため注意してください。

結論の内容も評価に含まれます。

 

グループワーク

企業側から与えられたテーマで作業を行います。

1グループ4~8人程度が一般的です。

グループディスカッションに作業がプラスされたものと考えていいでしょう。

面接官は、共同で作業する様子から応募者それぞれの性格・特徴をみています。

協力する態度だけだけでなく、成果物も評価に含まれます。

 

ディベート

企業側から与えられたテーマについて、肯定側・否定側に分かれて討論を行う形式の面接です。

矛盾点や不明点があると、面接官から厳しい指摘をされることもあるため、自分の意見を述べるだけでなく、相手を納得させる話し方も重要です。

豊富な知性、幅広い見識で主張することを求められます。

「自分の主張が正しい」という理由を、具体的かつ論理的に主張しましょう。

個人面接

応募者1人で受ける面接です。

2次面接以降で行われることが多いです。

面接官は1人とは限らず、複数人の場合があります。

選考が進むに連れて、担当者→人事部長→事業部長→役員→社長と面接を行う人の役職が上がっていきます。

質問の種類も多岐にわたり、1人を深く確認します。

 

圧迫面接

最近増えていて、注意したいのがこの面接形態です。

わざと意地悪な質問をしてきたり、回答も否定的なことばかりを言われたりします。

圧迫面接は、対処が難しいです。否定的なことばかり面接で言われたら圧迫面接だと考えて下さい。

圧迫面接とは、、、

 

面接といっても様々な種類がありますね!

次回からは、さらに具体的にそれぞれの面接の特徴と対策をご紹介します!

2015-03-16 | Posted in How to, お知らせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA