面接で採用を勝ち取ろう ~基本的なマナー編②~

こんにちは。長野県の中信地区(松本市 塩尻市 安曇野市近辺)の人材派遣会社 サンスタッフです。

 

基本的な服装マナーと当日の持ち物チェックリストを元に準備ができましたか?

今回は、基本的なマナーと個人面接の流れを一緒にご紹介します!

AL001-3roukawohashiru20140830500 (1)

絶対に遅刻しない

面接に限らず、遅刻しないことは社会人として当たり前です。

・ 遅刻はもちろんいけませんが、早すぎるのもNGです。

・ 15分前には到着して、5~10分前に会社に入るのがベストです。

・ 面接場所が遠い場合は、公共交通機関が遅れたり、道順を間違えたりする可能性に備え、面接開始時間の30分以上前には到着するようにしましょう。

遅刻する場合

面接時間よりも前に電話して、遅刻することを伝えます。その際に謝罪、遅れた理由、何時頃に到着する予定か、を伝えましょう。

面接前

・ 面接場所近くの駅などのトイレを使用し、髪、スーツなど身なりが乱れていないか鏡でチェックしましょう。
その際に携帯の電源を切っておきましょう。

到着後、受付
・ きちんと敬語を使い、しっかりとした態度で受け答えしましょう。
「本日、○時から面接の約束をしている××と申します。人事部の△△様はいらっしゃいますでしょうか?」と伝えます。
控室
・ 控室に入ったら私語はしないようにしましょう。携帯をいじったり音楽をきいたりするのもNGです。心を落ち着かせて待ちましょう。

この際、携帯の電源を切ったか再確認しましょう。

入室

・ ノックは3回か4回。「どうぞ、お入り下さい」と言われるのを待ち、入室します。面接官の目を見て「失礼します」と大きな声で挨拶しましょう。

・ ドアは静かに後ろを向いて閉めます。振り返らずに、後ろ手で閉めるのはマナー違反!しかし面接官に背を向けないように閉めて下さい。

・ 面接官の方に向き直り「失礼します。」と一礼。

・ 椅子の横に立ち、「××と申します。よろしくお願いいたします。」と笑顔で元気よく挨拶してから一礼。

・ 「どうぞ」と言われたら軽く会釈をして、「失礼します」と言ってから着席します。

・ 背筋を伸ばして座りましょう。深く腰をかけず、椅子に半分ほど腰をかける程度が良いでしょう。

面接時

・ 男性は足を肩幅くらいに開け、手を軽く握り、ひざの上に置きます。

・ 女性は両足を閉じ、両手を重ね、ひざの中央に置きます。

・ バッグは足元に置きます。筆記用具など必要なものは、面接が始まる前にバッグから出して机の上に置きましょう。

・ 面接時は、緊張で早口や声が小さくならないように、はっきりと面接官に伝わるように話すようにしましょう。

・ 面接官の目を見て、敬語で話しましょう。

面接終了

・ 「これで面接を終わります。」と言われたら、座ったまま「本日はお忙しい中、貴重なお時間をいただき誠にありがとうございました」と軽く会釈をします。

・ 立ち上がり椅子を元に戻し、ドアのほうへ行き、面接官の方に向き直り「ありがとうございました。」と深く一礼します。

・ ドアは入室と同様に静かに、面接官に背を向けないように閉めましょう。

 

以上が個人面接の流れとなります。緊張で焦ることのないように何度も練習して流れをつかんでおきましょう!(もちろん、この流れはよくある例の一つです。)

面接は、個人面接だけではありません。次回は、面接の種類をご紹介します。

2015-03-13 | Posted in How to, お知らせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA