内定にまつわる基礎知識 ~内定式の服装~

こんにちは。長野県の中信地区(松本市 塩尻市 安曇野市近辺)の人材派遣会社 サンスタッフです。

 

企業によっては内定式に出席する必要があります。

今回は、その際に着ていく服装をご紹介します!

PAK13_moshimoshiOL20131019500

 

そもそも内定式とは?

基本的に10月1日以降に行われます。企業が選考活動で内定を決めたことで内々定となった者が出席する式のことです。

その際に、正式な「採用内定書」を受け取り「承諾書」を提出します。

 

プログラムは?

企業によって様々ですが、

・採用内定書授与

・内定者懇親会

・先輩社員との交流

・適正テスト

・配属発表

などが主に行われます。

 

髪型や服装は?

人事部や同期と接する機会なので、好い印象を与えられるようにも、しっかりとビジネスマナーを守った服装を心がけるようにしておきましょう。

 

[男性]

服装は、一般的にスーツが主流です。

スーツは、あまり派手ではない色のものを選びましょう。濃紺や黒のリクルートスーツが印象もいいので就活で着たスーツで十分かと思います。

髪型は、ビジネスマナーを守り清潔感があることを意識しましょう。

スーツと同様に就活時と同じような髪型でOKです。

髪の毛の色は黒が無難です。

[女性]

服装は、男性と一緒で就活時と同じ感じでいいでしょう。

髪型は明るすぎる髪は避け、髪が長い場合は、一つにまとめるようにしておきましょう。おでこや耳が出るようなヘアスタイルが好印象です。

内定式において、女性の場合は髪色が多少茶色でも問題ありません。大人っぽさを少し出すためにも茶髪でもいいかもしれないですね。

 

身だしなみは第一印象を決めるとても重要なものです。式の印象は新入社員になった時にも続きます。

目をつけられたり不快な印象を与えたりしてしまう事の無いように注意しましょう。

もちろん業界によって違うのですが、オーソドックスな服装や髪型で臨むと良いでしょう。

 

次回は、内定式に必要な持ち物をご紹介します。

2015-04-09 | Posted in How to, お知らせNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment



CAPTCHA